関税(Customs Duty)とは|株式会社FBS (エフ・ビー・エス)

用語集

関税(Customs Duty)とは

関税(Customs Duty)

輸入貨物に対して、通関時に徴収される税金。
関税には「輸出税」と「輸入税」があるが、関税の税率は国ごとに定められ、現在日本で課せられる関税は輸入税だけである。また貿易相手国や貿易品目によって税率はそれぞれ個別に設定され、特定の国・地域からの輸入品に一般税率よりも低い税率を課す「特恵関税」や、国際条約によって定められる「協定税率」など、国家間の関係性も税率に大きな影響を及ぼす。
関税の目的は
1. 国家の財政収入の確保(財政関税)
2. 国内産業の保護・育成(保護関税)
を大きな目的としている。
日本の関税率は「関税定率法」と「関税暫定措置法」によって定められているが、緊急関税制度の発動、セーフガードへの対抗措置の発動など、例外的な税率が適用される場合もある。
  • PORTNet クライアントサーバー型
このページの先頭へ戻る

株式会社エフ・ビー・エス

03-3230-4119 受付/AM9:00?PM6:00

ホームページ作成といえば