輸出入・港湾関連情報処理システム(NACCS)とは|株式会社FBS (エフ・ビー・エス)

用語集

輸出入・港湾関連情報処理システム(NACCS)とは

輸出入・港湾関連情報処理システム(NACCS)

入出港する船舶・航空機および輸出入貨物に対し、通関業務・納税手続きなどの民間業務をインターネット上で処理するシステム。輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社(NACCSセンター。2008年10月に独立行政法人通関情報処理センターが民営化して発足)によって管理・運営されている。
港湾・空港の物流情報を総合的に管理するプラットフォームシステムとなっており、荷主、海貨業、NVOCC(非船舶運航業者)も利用することができる。
このシステムには通関業務に際して税関や関係行政機関に出向く必要がなく、貨物情報をリアルタイムに把握できるといったメリットがある。また、システムに登録蓄積された情報は随時取り出すことができ、システムから配信される管理資料は保税台帳として利用できる。
  • PORTNet クライアントサーバー型
このページの先頭へ戻る

株式会社エフ・ビー・エス

03-3230-4119 受付/AM9:00?PM6:00

ホームページ作成といえば