混載(Consolidation)とは|株式会社FBS (エフ・ビー・エス)

用語集

混載(Consolidation)とは

混載(Consolidation)

貿易用語においては、異なる荷主の貨物をとりまとめ、ひとつの大口貨物とすること。
輸送の煩雑さを軽減し、輸送コストを削減できるメリットがある。
国際輸送業者は、小口の荷主の貨物をとりまとめて混載することにより輸送機関の空きスペースを埋め、いわゆる「空荷」状態を避けることで輸送コストの無駄を削減できる。一方、荷主はカートン単位の貨物でも手軽に輸送ができ、かつ低価格に設定された混載料金によって輸送費を削減できる。
また、混載をひきうける国際輸送業者(混載業者)は荷主に代わって通関・申告・貨物検査・品質検査・仕分けなどの手配も行うのが通例である。雑多な貨物の届け先・リードタイムなどを把握し、ロスの少ない混載を行うには高度な情報管理が必要とされる。
  • PORTNet クライアントサーバー型
このページの先頭へ戻る

株式会社エフ・ビー・エス

03-3230-4119 受付/AM9:00?PM6:00

ホームページ作成といえば