クラウド/SaaS型 ePORTNeT

製品情報

ePORTNeT クラウド/SaaS型

クラウド/SaaS型ならすぐに利用できて、低コスト。
  • ・ ePORTNeTの優れた機能(貿易書類作成、EDI、業務管理)をすぐにご利用いただけます。
  • ・ インターネット利用の環境さえあれば、場所、時間に捉われずにアクセス可能です。
  • ・ インストール、サーバー管理の煩雑さがありません。
クラウド/SaaS型利用イメージ

インターネット利用の環境さえあれば、場所、時間に捉われずにアクセス可能です。

クラウドSaaS型利用イメージ

■お客様にてサーバーを管理する必要がありません。
■メンテナンスを行うためのシステムの運用管理者が不要です。
■サーバーはデータセンターに設置しているため、災害に対し安全です。
■利用場所を選びません。(世界中で利用可能で、自宅でも仕事ができます!)
■システム化の実現が通常に比べて早いです。
■ハード、人件費、管理費を含めたトータルコストが低いです。

当社のセキュリティ対策情報はこちら
■ASPとは?
「Application Service Provider」の略で、アプリケーションをインターネットを通じて提供する事業者の事を指します。ユーザーはWebブラウザを利用してインターネット経由でアプリケーションを利用します。サーバーの運用やアプリケーションの管理はASP事業者が行うのでユーザーにかかる手間と費用は大幅に節減できます。
■SaaSとは?
「Software as a Service」の略で、ソフトウェアを「サービス」として提供して使用料を得る事業形態の事を指します。ユーザーはASPと同じようにインターネット経由でアプリケーションを利用します。もちろんサーバの運用、アプリケーションの管理も事業者で行います。
■ASPとSaaSの違いは?
当社が加盟している「ASP・SaaSインダストリ・コンソーシアム(ASPIC)」において、ASPは次のように定義されています。
「特定及び不特定ユーザが必要とするシステム機能を、ネットワークを通じて提供するサービス、あるいは、そうしたサービスを提供するビジネスモデル」「ASP」はカスタマイズができない、ASP連携ができないという意見が一部にあるが、「SaaS」でないと技術的にできないというものではない。
ASPICとしては、「ASP」と「SaaS」を同義語として扱う。 当社でも同様に「ASP」と「SaaS」は同義のものとして扱い、サービスを提供いたします。

マルチランゲージ

マルチランゲージ

日本語、英語、中国語に対応していますので世界のどこでも使えます。
画面だけでなく、帳票、ヘルプ、マニュアルも3カ国対応です(UNICODE対応)。

セキュリティ対策

セキュリティ対策に関する情報はこちら

サーバーは大手データセンタで運用し、災害・人災等に対し万全の対策を採るとともに、ソフト上でも各種セキュリティ対策を講じています。(「セキュリティ対策」参照)

モジュール構成

システムは「EX(輸出管理)」と「IM(輸入管理)」の2つのモジュールで構成されていますので、お客様の業務の特徴に応じての導入が可能です。EXを海外でIMを国内で利用して連携することも可能です。それぞれの詳細については「ePORTNeT」のページをご参考にしてください。

提供モジュール 機 能
ePORTNeT(輸出管理) EX(本体) 見積管理、契約管理、発注管理、買掛管理、出荷管理、売掛管理、前受金管理およびL/C管理などが可能
EX(輸出管理)の詳細はこちら
在庫管理 仕入と出荷の関係で在庫管理を行う
SX(在庫管理)の詳細はこちら
ePORTNeT-IM(輸入管理) 採算見積、発注管理、積送品管理、入荷管理、原価管理などが可能
IM(輸入管理)の詳細はこちら
このページの先頭へ戻る

株式会社エフ・ビー・エス

03-3230-4119 受付/AM9:00〜PM6:00

ホームページ作成といえば